映画『ダーク・プレイス』公式サイト

Introduction

嘘をついているのは、誰なのか?

世界中を騒然とさせた「ゴーン・ガール」、その原作者による”衝撃の事件”が新たに映画化!
一瞬先も読めないサスペンスで、世界中を騒然とさせた『ゴーン・ガール』。その原作者、ギリアン・フリンによる、衝撃の小説が新たに映画化された。 28年前に起こった家族3人の殺害事件。犯人として逮捕されたのは、当時中学生だった長男。逮捕の決め手になったのは、生き残った8歳の三女による目撃証言。 家族をすべて失い、心の傷が癒えないまま成長した、その三女リビーは、28年後に事件と再び向き合うことになる。 あの夜、彼女は何を目にしたのか──?兄のベンは本当に家族を殺害したのか──?リビーが真相に迫る現在と、28年前のドラマが絶妙にシンクロし、じわじわと明かされる人々のダーク・プレイス=心の闇。 全編張りつめた空気のなか、悪魔崇拝や、リビーの行動を後押しする「殺人クラブ」という組織など、怪しいエレメントが絡み、観る者の目をクギづけにしていく。

STORY

1985年、カンザス州の町。8歳だったリビー・デイの証言により、彼女の兄ベンが逮捕された。その容疑は、母親と2人の姉妹の殺害。一部始終を目撃したのが、末妹のリビーだったのだ。
それから28年後─。殺人事件の遺族として世間から同情を受け、支援金や自伝出版で食いつないできたリビー(シャーリーズ・セロン)。定職もなく、孤独な生活を送る彼女に、「殺人クラブ」という団体から連絡が届く。 過去の有名な殺人事件を検証するそのクラブは、重要な証言者としてリビーに会いたがっていた。日々の生活に困窮していたリビーは、クラブのメンバー、ライル(ニコラス・ホルト)が申し出た報酬に目がくらみ、出席を決意。 ベンの無罪を主張するクラブを怪しみつつ、生活のために嫌々ながら28年前の事件を振り返ることになる。刑務所を訪れたリビーは、久しぶりにベンと再会した。彼の手首に、女性の名のタトゥーを見つけるリビー。 やがて彼女の脳裏には、徐々に過去の記憶がよみがえっていく。28年前、ヘビメタ好きで悪魔崇拝に傾倒していたベンは、家族の中でも浮いた存在だった。さらに彼には、近所の少女に性的イタズラをしたという疑いが持ち上がっていた。 ベンにはディオンドラ(クロエ=グレース・モレッツ)という年上の恋人がいて、妊娠が発覚した彼女はベンと一緒に町を出ようと心に決めていた。
デイ家の両親は、リビーが2歳のときに離婚。しかし父親のラナーは、たびたび金の無心に来ては、母親のパティを悩ませていた。家が農場とはいえ、女手ひとつで4人の子供たちを育てるパティも経済的に困窮していた。 自宅が差し押さえを迫られたうえ、嫌疑を受けるベンのために弁護士の費用が必要だったのだ。 そんな状況で、あの夜、惨劇は起こった。ライルに背中を押されたリビーは、かつてベンがイタズラをしたというクリシーと会い、殺された姉の日記も読み返し、忘れかけた記憶をたぐり寄せていく。あの夜、自宅で何が起こり、自分は何を目撃したのか……?
さらに、事件以来、行方知れずだった父親の居場所を突き止めたリビーは、衝撃の事実へ一歩、また一歩と近づいていくのだった。

CAST

シャーリーズ・セロン<リビー・デイ/兼プロデューサー>

1975年、南アフリカ共和国生まれ。『ディアボロス/悪魔の扉』(97/テイラー・ハックフォード監督)、『サイダーハウス・ルール』(99/ラッセ・ハルストレム監督)、アカデミー主演女優賞を受賞した『モンスター』(03/パティ・ジェンキンス監督)、『スタンドアップ』(05/ニキ・カーロ監督)、『ハンコック』(08/ピーター・バーグ監督)、『ヤング≒アダルト』(11/ジェイソン・ライトマン監督)、『スノーホワイト』(12/ルパート・サンダース監督)など多くの作品に出演している。最近では、本年度アカデミー賞で6部門を受賞した『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(15/ジョージ・ミラー監督)に出演。今後の公開作品に『スノーホワイト 氷の王国』(16/セドリック・ニコラス=トロイヤン監督)がある。自身の映画制作会社デンバー・デリラの代表を務めるほか、国連平和大使でもある。

STAFF

原作 ギリアン・フリン

1971年、アメリカ生まれ。デビュー作「KIZU─傷─」は英国推理作家協会が主宰するCWA賞で2つのダガー賞を受賞、40週間以上ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー・リストに選ばれた。第2作目となる本作の原作「冥闇」は、ニューヨーカー誌の“批評家選書”、ウィークエンド誌の“この夏で一番の本”、パブリッシャーズ・ウィークリー誌の“2009年の最高の本”、シカゴ・トリビューン紙の“お勧めのフィクション”などに選ばれた。続く「ゴーン・ガール」はベストセラーとなり、2年以上ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー・リストに選ばれ、世界中で1500万冊以上が売れた。イギリス、アイルランド、フランス、ブラジル、ドイツ、ノルウェーなどでもベストセラーとなった。映画化に当たっては自身が脚本を手掛け、デヴィッド・フィンチャー監督、ベン・アフレック主演で、2014年に公開され、数多くの賞にノミネートされた。現在、彼女はHBO向けにデヴィッド・フィンチャーが制作・監督するイギリスのテレビシリーズ『UTOPIA』の脚本を書いており、また、高い評価を受けているショーランナー(プロデューサー)や俳優たちが関わるテレビ版の『SHARP OBJECTS』の製作総指揮を担っている。

監督・脚本 ジル・パケ=ブランネール

ジル・パケ=ブランネール1974年、フランス生まれ。共同脚本と監督をした『サラの鍵』(10/クリスティン・スコット・トーマス主演)は、東京国際映画祭で最優秀監督賞と観客賞を受賞。その他の監督作品に、マリオン・コティヤール主演のエロティックサスペンス『美しい妹』(01/未)、『マルセイユ・ヴァイス』(03)、『クラッシュ・ブレイク』(07/未)、『UV ─プールサイド─』(07/未)、『ザ・ウォール』(09/未)などがある